lounge

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ 東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウンタワー5階 〒107-6205 Musashino Art University Design Lounge 5F Midtown Tower 9-7-1 Akasaka Minato-ku, Tokyo 107-6205 Japan telephone : +81-3-3470-7221 / facsimile : +81-3-3470-7225

Copyright ©
Musashino Art University
All rights reserved.

EVENT

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジで行われる
さまざまなイベントをご紹介します。
参加のお申し込みは詳細ページから可能です。

< February 2020

【lecture】「未来の学校祭 2020」脱皮トーク|Post University:誰のための大学?

「未来の学校祭 2020 脱皮キャンパス・エキシビション」関連企画として、脱皮トーク|Post University:誰のための大学?を開催します。

研究、教育、社会提言。
大学は人類のための普遍的な哲学や技法、知識を生み出し、それを広く社会に還元してきました。科学技術の急激な発達とともに、人間性や社会性というテーマにおいて重要な役割を果たすはずのアート研究・教育も脱皮が求められています。
このセッションは、日本とオーストリアの大学で教鞭をとる研究者、教育者が集い、未来の大学への実践、最新のデザイン、アーティスティック・リサーチの可能性について議論を深めます。

日 時:2020年2月22日(土)14:00-15:30(開場13:40)

場 所:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
(東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階)

参加料:無料

参加方法:ページ下部のボタンよりお申し込みください。別ページに移動します。

※受付にてお名刺を頂戴いたします。
※英語は日本語に逐次通訳されます。

 

スピーカー:
岩田洋夫|Hiroo Iwata 筑波大学 システム情報系 教授
1986年 東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)、現在筑波大学システム情報系教授。バーチャルリアリティの研究に従事。2001年 文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞。2011年 文部科学大臣表彰 科学技術賞 受賞。2016年より、日本バーチャルリアリティ学会会長
http://eva.vrlab.esys.tsukuba.ac.jp/

久保田晃弘|Akihiro Kubota 多摩美術大学 情報デザイン学科 教授、アートアーカイヴセンター 所長
「ARTSATプロジェクト」の成果で、第66回芸術選奨文部科学大臣賞(メディア芸術部門)を受賞。近著に「遙かなる他者のためのデザイン」(BNN新社, 2017)「メディアアート原論」(フィルムアート社, 共編著, 2018)などがある。
http://hemokosa.com

古堅真彦|Masahiko Furukata 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 教授
「画面上の動き」と「アルゴリズミックな思考」をテーマとしてコンピュータとデザインの関係について研究している。独立行政法人情報処理推進機構認定「天才プログラマー/スーパークリエータ」。奈良出身。
http://profile.musabi.ac.jp/page/FURUKATA_Masahiko.html

Ute Ploier|ウテ・プロイエ リンツ芸術デザイン大学 ファッション&テクノロジー学科・学科長 アーティスト、リサーチャー
ファッションデザイナー、研究者であると同時に、リンツ芸術デザイン大学ファッション&テクノロジー学科の学科長として、ファッションにおける未来指向の持続可能なイノベーションに着目している。
http://www.uteploier.com

モデレーター:
久納鏡子|Kyoko Kunohアルスエレクトロニカ・フューチャーラボ、アーティスト

 

「未来の学校祭 2020 脱皮キャンパス・エキシビション」に関してはこちら

画像クレジット:©tom mesic

 

Categorised as: EVENT, Lecture

Posted: