< BACK TO D-LOUNGE

美大ラウンジ(裏)

美大、デザインラウンジの「裏」の話を、手羽イチロウとその仲間がお伝えするブログです。

2019年02月22日

「TOKYO MIDTOWN × ARS ELECTRONICA 未来の学校祭」展に行ってきた!

こんにちは!misoです。

最近段々あったかくなってきました。私は花粉症ではないのですが、花粉症の方には苦しい季節になってきましたね、、、。
鼻が詰まっているととにかく眠たくなってしまうので、花粉症にならないぞと気持ちを強く持っています!

本日は、ただいまミッドタウンで開催中の「TOKYO MIDTOWN × ARS ELECTRONICA 未来の学校祭」にお邪魔してきました。

未来の学校祭は、東京ミッドタウンとアルスエレクロリカによる未来の社会をみんなで考える新しいお祭りです。
アーティストによる社会への問いかけをきっかけに、様々なクリエイターや企業、ショップが来場者とともに、未来の社会を考えます。コンセプトは「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」。

そして、テーマは「ギリギリ」。それはセーフかアウトかわからない境界の最前線に対するチャレンジです。
この展覧会では社会で今問わなければいけない問題に向き合う境界を意識した「ギリギリ」な作品が展示されています。

そこで私も「ギリギリ」な展示を体験しに行ってきました!

まずミッドタウン内アトリウム(ガレリア1F)に展示されているのが「πTon」という作品です。
ホースか?芋虫か?と最初に思いました。
この作品はCod.Actというアーティスト2名(作曲家の兄アンドレ、建築家のデコスター兄弟)によるインスタレーションです。
無脊椎動物のようなゴムチューブは生き物のように動き回り、生き物と人工物の定義について深く考えさせられる作品です。
チューブが蠢めくサウンドも独特なので是非実際にご覧になってほしい作品です。

1

また、パフォーマンス時間は2/23(土)15:30-15:55 /18:30-18:55、2/24(日)15:30-15:55と決まっておりますので注意してお越しくださいね!

 

次は私が展示の中で一番ギリギリなのではないかと思う作品です。
アトリウム(ガレリア1F)に展示されている「私はイルカを産みたい・・・」という映像作品。

その映像作品(写真下)がこちら。

2

3

5

 

どういう映像なんだ!?と思われた方がほとんどだと思います。お腹が大きな女性が水の中で苦しそうにもがき、水中でイルカを出産。そしてスポイトでミルクを与え、ともに仲良く泳いでフェードアウト、、、という内容です。

実際にイルカを妊娠した人の人体模型まであります。(写真下)

6

私は実際に説明のパネルを一目見て、ああ、なるほどな、と思いました。コンセプト「人口過剰と緊張した地球環境を考え、人間が絶滅危惧種(マグロ、サメ、イルカ)を出産する」という作品だったのです。生きるために子孫を得ること。生きるために他の生物を食べること、それらが動物の代理出産という形で繋がる、、、という。めちゃくちゃギリギリの内容じゃないですか!?ミッドタウンであんな刺激的な展示は初めて見ました(笑)

しかし絶滅危惧種を他の動物が代理出産とは面白い考えですよね。
でも生物のバランスは微妙な均衡で成り立っているという話ですから、他生物の代理出産が可能になるとまた他の動物が滅んでしまうのかもしれません。
自然に任せることも時には大事ですね。

次はガレリア2Fの「SENSOR ERROR」という株式会社博展による作品です。

今流行りのVRを装着する体験型の展示で、VRには俯瞰(上から見た自分)映像がリアルタイムで写っています。
次に、画面にお題が表示されます。そのお題を言葉ではなく体で15秒間(長い)表現するというインスタレーションです。
与えられたお題は秘密にしてくださいと書いてあったので秘密にしますが、どんなお題が出たのかは写真をご覧になって想像してくださいね!

それではどうぞ(写真下)
7

8

9

私に出されたお題、わかりましたか?(笑)片足立ちでプルプルしています。
一人で取材に行ったのでこの頭でっかちの格好でポーズをとるのが非常に恥ずかしかったです、、、。
皆さんはお友達や家族と一緒をお勧めしますよ!!!

そして最後に、これらを映像に収めた壁一面のiPad上で様々な人のポーズを見ることができます。
10

実は皆、与えられたお題は同じらしく、こんなにもバリエーションがあるのか、、、と不思議な気持ちになりました。
また、逆に自分と同じ動きをしている人を探すのも楽しいですよ!

この他にも、「ギリギリ」を楽しめる展示やワークショップ・トークセッションなど様々な関連イベントも行っています。
ギリギリ2本足で自立するソファーや、ギリギリ5gを正確に測るロボットアームなど、、、
ブログ最後のURLより公式サイトをご覧いただけます。
週末は是非ミッドタウンにいらしてくださいね!

それでは、またお会いしましょう。

11

さようなら!

【「TOKYO MIDTOWN × ARS ELECTRONICA 未来の学校祭」展URL】https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/school_future/

 

 

 

Category :

Comments ( )