< BACK TO D-LOUNGE

美大ラウンジ(裏)

美大、デザインラウンジの「裏」の話を、手羽イチロウとその仲間がお伝えするブログです。

2017年12月8日

東京ミッドタウン・デザイン部「ハブとマングース」夜のギャラリーツアーに参加しました!

今日はヒヨッシーです!

もう年の瀬ですが、皆さん慌ただしい日々を過ごしているのではないでしょうか?
幼稚園のころ、学校の始まりが1月ではなくて、なんで4月なんだろうと思ったことがあります……が、1月でしたら忙しくて大変ですよね。寒いですし……。

さて今回は、東京ミッドタウン・デザイン部「ハブとマングース」夜のギャラリーツアーに参加しましたのでそのときの記録(記憶?)です。

──────────

はじめに「東京ミッドタウン・デザイン部」とは
東京ミッドタウン10周年を記念してスタートした、Designのフィルターを通して、東京ミッドタウンやその周辺を深く知り・楽しむ活動

designbu

でして、

そして今回のイベントは
東京ミッドタウン・デザインハブ 第70回企画展「ハブとマングース」をより深く楽しむ“夜のギャラリーツアー”

なのです。

東京ミッドタウン・デザイン部「ハブとマングース」
夜のギャラリーツアー

3_banner

詳細はコチラ→http://d-lounge.jp/2017/11/11367

【exhibition】東京ミッドタウン・デザインハブ 第70回企画展「ハブとマングース」

web_a4_flyer-1

詳細はコチラ→http://d-lounge.jp/2017/10/11271

──────────

今回の東京ミッドタウン・デザイン部「ハブとマングース」夜のギャラリーツアーの解説はこの方!

DSC01467

本展示の企画・運営をおこった株式会社モーフィング代表でありTYMOTEメンバーの加藤 晃央氏です。

加藤 晃央(かとう あきおう)さんは
武蔵野美術大学芸術文化学科在学中に起業し、株式会社モーフィングを設立された方。

また、
美大生のフリーマガジンPARTNERの発行
美大総合展覧会THE SIXを立ち上げ
美大生に特化した就職メディア「美ナビ」運営
森ビル株式会社と共同で就職展覧会「美ナビ展」
を開催した方です。

さらに、
2013年には、クリエイティブアソシエーション世界株式会社を設立。クリエイティブチーム株式会社TYMOTEにもメンバーとして在籍するなど自身も多様な働き方を摸索し、在籍する組織間を横断活動中。

スクリーンショット 2017-12-08 17.26.39

株式会社モーフィング→http://www.m-inc.jp

また今回は、展示の作品を制作されたTYMOTEメンバーの浅葉 球氏と石井 怜氏をお迎えし、ディスカッション形式にてお話を頂きました。

DSC01504

浅葉 球

DSC01500

石井 怜

TYMOTE(ティモテ)とは
グラフィックデザインを軸に、映像・CG・音楽・インターフェースデザイン・Webなどメンバー各々のクリエイティブを追求しながら、隔てなくデザインを提案。一つのプロジェクトをメンバー内で多様な方面から一度分解し再構築する事で、高い水準の作品、アイデア、企画を追求している。

portrait

TYMOTE(ティモテ)→http://tymote.jp

──────────

前半は、デザイン・ラウンジ内にてお話しいただました。

このギャラリーツアーは、作品の前で実際に鑑賞ながら解説するイベントとして企画されていました。
でも加藤さんは、作品の説明だけではなく、なぜ、どういう意図で、この展示自体がつくられたのか、また開催されるにいたったのか、ということを話したいと考えられたそうです。

さらに、その展示が開催されるまでに、実制作を担当したデザイナーとどのように関わっていったのかをお話しいただきました。

DSC01485

内容としましては、本展示の背景であること、展示にいたるまでことを以下の2つに分けてお話しいただいたのだと思います。

◯展示企画のこと(こちらは株式会社モーフィングの加藤さん)
◯展示作品制作のこと(こちらはTYMOTEメンバーの浅葉 球さんと石井 怜さんにお話しいただきました)

DSC01492

ここまでは展示が始まるまでのお話しでした。

──────────

後半は、ギャラリーツアーが行われました。

DSC01513

加藤さんの進行の中で、TYMOTEの二人にお話しをうかがっていきます。

DSC01520

DSC01536

普段は絶対に聞けないことを、お話しいただいているのではと思ったりしました。

会場の方からも、かなり突っ込んだ質問がサラッとされたりしましたが、丁寧にお答えいただきました。

DSC01548

DSC01566

最後は、質問タイムです。観想なども聞かせていただきました。

加藤さんやTYMOTEメンバーの浅葉 球さんと石井 怜さんに年齢層の近い、30代の方が多くとても楽しいひと時となりました。

──────────

ってここで、
細かなことが、なにも書かれていないじゃないかと思われているかた必見です!

トークセッション「ハブとマングース」が開催されます!

ぜひご参加ください。

トークセッション「ハブとマングース」

web_1_banner

多様化が進む現代社会における、理想のクリエイティブスタイルとは何か?グラフィックデザイン、映像、音楽、エンジニアリング、アート、ファッションなど、幅広い分野で活躍するクリエイティブチーム「TYMOTE(ティモテ)」のクリエイションに触れながら、パネルディスカッションを交えてお話します。

日 時:2017年12月16日(土) 17:00~18:30

出 演:浅葉球、飯高健人、石井伶、井口皓太、加藤晃央

会 場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター

参加料:無 料

定 員:50名

申込方法:http://d-lounge.jp/2017/11/11374よりお申込み下さい

主 催:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ、株式会社モーフィング

Category :

Comments ( )