< BACK TO D-LOUNGE

美大ラウンジ(裏)

美大、デザインラウンジの「裏」の話を、手羽イチロウとその仲間がお伝えするブログです。

2017年04月11日

「絵巻マニア列伝」行って来ました!

 

 

初めまして冨樫です。
この春からデザイン・ラウンジに来た、鷹の台と六本木のギャップに
日々ドキドキしている新参者ですが、どうぞよろしくお願い致します!

 

現在、デザインハブでは4月14日から始まる合同展「東京デザイン展」に向けて準備の真っ最中!

搬入などでバタバタしていますがその合間を縫って
早速、ミッドタウン内にあるラウンジからほど近くの
サントリー美術館でやっている「絵巻マニア列伝」へ行って来ました!

 

IMG_3402

六本木会館10周年記念展「絵巻マニア列伝」

会期 2017年3月29日(水)~5月14日(日)
開館時間 10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)
※5月2日(火)~4日(木・祝)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは会期中無休
休館日 火曜日
※5月2日は20時まで開館
入館料
一般 当日 ¥1,300 前売 ¥1,100
大学・高校生 当日 ¥1,000 前売 ¥800
※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料

 

着物でご来館の方100円割引なんですって!なんだかとても粋な割引です。

 

 

 

さて絵巻とはなんぞやと。

普段私たちが絵巻を見る時、ながーく広げられた絵巻を端から端まで
見ていますが、本来両手に広げて見るものなので普通の本と見方は変
わらないものでした。

ただ絵巻を見れたのはごく一部の人達のみだったそうです。

そう考えると目の前にたくさん絵巻があるなんて、なんだか豪華じゃ
ありませんか!

 

今回の展示は絵巻の展示とその絵巻をいつ頃誰が見たのかが紹介がさ
れています(ここがポイント)

つまり絵巻と一緒にその絵巻のマニアのことまで知ることができるんです。

例えば終章で紹介される松平定信は当時の建築、風俗、調度の図様を
写し取り、それらを主題別に分類再構成するのが趣味という超がつく
ほどの絵巻オタク。

現代だったら趣味が高じてサークル参加して、売れたお金で食べていけるレベル。

 

話はそれましたが、そんなマニアたちが文化財行政の先駆けともいう
べき事業を積極的に進めたというのですから、愛は強しです。

 

 

そんなマニア達や絵巻という手の中で広がる物語を、
ぜひ足を運んで見てみてください!

 

 

 

 

Category :

Comments ( )