< BACK TO D-LOUNGE

美大ラウンジ(裏)

美大、デザインラウンジの「裏」の話を、手羽イチロウとその仲間がお伝えするブログです。

2016年03月4日

関野吉晴先生特集!

こんにちは、カタパシです。
もうすぐ卒業式ですね〜。TwitterとかのSNSで、基礎デザイン学科の謝恩会の招待状が話題になっていました。

この招待状、断りづらいかも? 意地でも欠席を選ぶTwitterユーザーが続々登場
http://togech.jp/2016/03/02/33457

指の角度が絶妙ですよね笑
大喜利のようで、どんな回答でくるのか実行委員会側も楽しみなのではないでしょうか。

 

さてさて。
2月の話になりますが、シリーズ企画の
公開講座「Explore the Design」
が開催されていました。

まさに、和製のインディ・ジョーンズ。

こちらの記事でイベントの概要が語られていますので省きますが、もうなんか地球レベルで物事を考えると、何もかもがちっぽけに思えてしまいますね。
でも、私たちが暮らしていくには、自分たちで作り上げた社会を生きていくしかないわけで。アマゾンの奥地で暮らす民族だって、独自の社会を築いているのですから、人間はどこまでいっても社会的な動物なんです。

争いがいかに無駄か、絶滅した人類(みなさんも歴史の授業で一度は耳にしたことがあるアウストラロピテクスとかネアンデルタール人とかそういうの)が自らの身を以って証明しているのに、400万年経っても、人類は学びませんね。

現在、地球は第6回目の絶滅期を迎えているという説もあります。
それが環境によるものか、はたまた人為的なものになるのか…少なくとも、孫の孫世代くらいまでは、平穏に暮らせる環境であってほしいですね。
ちなみに、ウチのバーちゃんのジーちゃんは徳川幕府の事務職員だったそうな。
孫の孫っていうと150年くらい先の話。150年後の世界にはドラ◯もんとか空飛ぶ船とかあったりして…って発想が古いですか?笑

話が脱線しましたね。
まぁ、動物のフォルムや人間同士のコミュニティだって広い意味ではデザインだけど、進化や科学をふんだんに組み込んだ話だったので、非常に面白かったです。関野先生は探検家ってだけじゃなくてお医者さんでもありますから。
アーカイブで少しでも伝われば…と思っています。。。

 

で、先日はTV放送でも取り上げられていました。
ムサビで開催された関野先生の特別ゼミですね。
何もないところからカレーをつくろう!という話。「え、カレーなんて三種の神器(ジャガ・ニン・タマ)にカレールーかけるだけだから簡単じゃん」って思いました?
いやいや、何もないところからですよ?
野菜は育てます。香辛料だって育てます。お肉は鳥を飼って、食べる時に捌きます。お皿もスプーンも作ります。
すっごく途方もない話でしょ?でも、ネットでポチればほとんどのものが手に入るこの現代社会でいったい何の意味が…
まぁ、それを言ったらアートって何?デザインって何?って話ですよ。
一見すると意味も無いところに、意味はあるんです。重要なのはそれに気づくこと。
関野先生は授業だけでなく、いろんな場所で講演されていますが、いつもこのように述べていらっしゃいますね。深いです。

NONFIX:フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/nonfix/library/2016/662.html

 

で。

関野先生が執筆された本があります。

海のグレートジャーニーと若者たち
〜四七〇〇キロの気づきの旅〜

帯の紹介文を転載しますね。

美術大学の先生になった関野吉晴は不思議だった
なぜ素材探しから始めて、ものづくりをしないのだろう
グレートジャーニーの新機軸
インドネシア・スラウェシ島から沖縄・石垣島ゴールまで
小さなカヌー2艘の旅に関わった若者は200人!

黒潮に乗って人々はどのようにして日本にやってきたのかを辿る<海のグレートジャーニー>。太古の人々がしたように、気を伐り、カヌーを作り、帆を織り、縄を綯い、星を見ながら航海に出よう。一人で経験するのはもったいない。50年後も生きている若者に、手触りや、匂いや、熱や、ほこりや、雨や、光や、風邪を伝えたい。旅の準備から航海まで、プロジェクトに関わる若者たちの「気づき」に寄り添う関野吉晴の1130日間。探検家のあらたな境地をひらく。

ここに登場する船は、2011年にムサビの12号館前で公開展示されていたものです。
僕も、よく学食に行く時に眺めていました。

定価:1,944円

250ページを超える大ボリュームでお届けします!
武蔵野美術大学出版局の書籍ですので、お買い求めの際はこちらをご参照の上、申し込み等でご購入ください。
デザイン・ラウンジに見本があります。悩んでいる人は、こちらでパラっと見てみるのもいいかもしれません。

さらに、お得情報!
2016年6月末日までの期間限定割引&送料無料のサービスが受けられるチラシを、デザイン・ラウンジで配布していますので、こちら、ぜひご活用ください!
※デザイン・ラウンジでの購入はできません…

というわけで、関野吉晴先生特集でした!笑

Category :

Comments ( )