< BACK TO D-LOUNGE

美大ラウンジ(裏)

美大、デザインラウンジの「裏」の話を、手羽イチロウとその仲間がお伝えするブログです。

2015年04月23日

展覧会に行ってきたよ⑥ 「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」

こんにちは。
前回の記事、「アートナイト六本木」じゃなくて「六本木アートナイト」でしたね。勘違いって怖いですね〜もう、やんなっちゃう。ため息まじりのカタパシです。

今日は、開催中の展覧会をご紹介。

生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

会場:
サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階

会期:
2015年3月18日(水)~5月10日(日)
※作品保護のため、会期中展示替をおこないます。
※各作品の出品期間は、出品作品リストをご参照ください。

開館時間:
10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)
※5月3日(日・祝)、4日(月・祝)は20時まで開館
※4月25日(土)は「六本木アートナイト」のため24時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは会期中無休

休館日:
毎週火曜日
※5月5日(火・祝)は20時まで開館

入館料:
一般 当日 1,300円 前売 1,100円
大学・高校生 当日 1,000円 前売 800円
※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
※4月25日(土)は「六本木アートナイト割引」のため一般および大学・高校生は一律500円

[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)

チケットぴあ:
Pコード 766-523(前売・当日券共通)

ローソンチケット:
Lコード 35229(前売・当日券共通)

セブンイレブン:
セブンコード 034-910(前売・当日券共通)
※前売期間は2015年3月17日(火)まで

[割引]
きもの割:
きものでのご来館で100円割引

HP割:
ホームページ限定割引券提示で100円割引

携帯割:
携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示で100円割引

ATRo(あとろ)割:
国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引

団体:
20名様以上で100円割引
※ 他の割引との併用はできません

音声ガイド:
500円 ※英語版もございます。

主催:
サントリー美術館、読売新聞社

協  賛:
三井不動産、サントリーホールディングス

IMG_0893

サントリー美術館で開催中の「若冲と蕪村」の展覧会です。とはいえ、あと約2週間くらいですね。
伊藤若冲といえば、江戸時代の代表的な画家の一人です。「動植綵絵(どうしょくさいえ)」と呼ばれる動植物や海洋生物の絵が有名です。そして蕪村は言わずもがな、俳人として教科書に取り上げられているほど有名ですよね。
「春の海 ひねもすのたり のたりかな」
この句が個人的には印象に残っています。「ヒネモス」ってなんだよ!って子供ながらに思っていたわけです。「終日(ひねもす)」とは一日中ということだったんですね。
そんな蕪村は絵(俳句と絵を混ぜた俳画)でも名を馳せていたんです。カタパシも実は知りませんでした(お恥ずかしい…)。

この時代、円山応挙、森徹山など名だたる巨匠たちがいたわけなんですが、中でも応挙、若冲、蕪村は京都の四条に住んでおり、それぞれ親交があったみたいなんです。ただ、なぜだか若冲と蕪村の直接親交があった記録は残されておらず…
でも、親交がなかったとは考えにくいですよね〜。

掛け軸を中心として、書簡や絵巻物、屏風などが展示されています。とくに、3階に降りて行くときの六曲一双屏風が2点並置されている部屋は迫力がありましたね。

若冲はとにかく描写が細かいです(いや、蕪村は細かくないってことじゃなくて、略筆の技術で注目されていますよね)。若冲の動物の毛一本一本を描くような繊細なタッチは、西洋のテンペラ画に通ずるようなところがあるような気がします。とくに「月夜白梅図」の枝につく梅の花は「和の美」を象徴しているような風景で、心打つものがありました。

蕪村はなんといっても箔絵屏風の迫力。だいたい屏風一曲あたり60〜80枚ほどの金箔を貼って埋め尽くすことができるんですが、「今のお金に換算しても、なんて贅沢な使い方だろう」と思いました。しかも、箔の上から描くって、紙に描くのとはまた違う感触で難しいのに、それをコントロールできる技術は目を見張るものがあります。

館内は撮影禁止なので、ここに掲載することができないのがもどかしいんですが、両者、共通して「コミカルで現代的」な印象を受けました。動物にしろ、人物にしろ、チャーミングなんです。漫画のようなイラストのような、今の時代でも通用しそうなデザインもたくさん発見できると思います。

もう会期終了が見えてきていますから、まだ見てない方はお早めにどうぞ〜。

Category :

Comments ( )