< BACK TO D-LOUNGE

美大ラウンジ(裏)

美大、デザインラウンジの「裏」の話を、手羽イチロウとその仲間がお伝えするブログです。

2015年01月17日

手羽注目の卒展作品紹介4 #ムサビ卒展

黒板アート甲子園」が開催されることを知った手羽です。
日学・黒板アート甲子園 プレ大会 – 日学

平成27年の卒業シーズンに、さまざまな思いを込めて制作した「黒板アート」(黒板にチョークでイラストやメッセージを描いたもの)作品を撮影した画像データを送ってください。

日学さんは黒板・ホワイトボードメーカーで、審査員はチョーク絵アーティストの小野 大輔さんと我らが黒板ジャックの三澤 一実先生。
このマイナビ記事の方がわかりやすいかな?
卒業シーズンの風物詩「黒板アート」コンテストを開催-日学 | マイナビニュース

ぜひ申し込んでください!!
あ、そんなことより高校3年生はセンター入試ですね。
頑張ってね。
センター入試に関係する大学関係者の皆さんも。

 

卒業といえば。
ムサビは卒業・修了制作展開催中!!

「高校3年生を来場者の対象としてないよね?」と思えるくらいセンター試験とかぶった日程で絶賛開催中です。

作品紹介シリーズ4です。
これまではこちら。
手羽注目の卒展作品紹介
手羽注目の卒展作品紹介2と質問にお答えします4
手羽注目の卒展作品紹介3

といっても昨日は午後から新宿サテライトで
10923589_820183954714012_8399880133067515818_n
美大協議会をやってたので、ほとんど卒展を見ることができず。。。
今年はほんと時間がなくて・・。

 

おっと、本題に入る前に。

土日は来場者が一気に増えます。
お陰様で年々卒展の全体来場者数が増えてるんだけど、一方「いろんな人」も増えています。
(ニュアンスわかってください)
最近は卒展での作品の盗難・破損が起きてるので(昔はそんな話ほとんど聞かなかったんだけど)、作者や監視員さんはちょっと気を付けた方がいいですよ。
特に持っていかれやすい小さな作品は。高価か安価かはあまり関係ないみたい。

また、連絡先を書いた名刺を置くのも「作家」として悪いことではないんですが、ほんとに「いろんな人」(ニュアンスわかってください)がやってくるので、そういう場合は自分のWEBサイトURLかフリーメールアドレス等いわゆる「捨てアド」を掲載した方がいいかもしれません。特に女性は。
これも過去に被害が出ており、 信用できそうな相手とわかればちゃんとした連絡先を教えればいいわけで。

「作品に興味があるのに連絡先が書いてないのはどういうことだ!!大学は作家を育てる教育をしてないのか!!」というご意見もあると思いますが、卒展は「授業課題の展示」であり、3月31日まで「大学公式イベント」では「作家」「卒業生」ではなく「学生」。
ギャラリストや企業の方など身元がはっきりしてる方には作者本人確認の上、連絡させていただくことはあるかも。
個人的に連絡つけたい方は 作品そばにあるクロッキー帳等に連絡先を書いていただくか、部屋にいる人にメモを渡す等していただけると。
そういう意味でも「展示室に人がいる」「自分のポートフォリオサイトがある」ってのは大事なんですよね。

 

では、ムサビ卒展を勝手に紹介するシリーズその4です。

広報学生ボランティアスタッフがこんなものを作ったそうです。
DSC_0818
独断と偏見による「卒展見どころツアーMAP」。
1号館下の広報ラックに入ってます。

DSC_0819

広げるとこんな感じ。
ただ、

DSC_0820

ブログに書いた情報がほぼそのまま出てるから、まるで手羽が作らせたような、裏で関わってるような感じになってて・・・ 「使ってもいいですか?」と学生さんが相談にきたけど、手羽は無関係なことをちゃんと広報スタッフに説明しといてね。
これ以上広報に「あいつ、いつも余計なことしやがって」と思われたくなくて・・・一応気にはしてるんです・・一応ね。

ムサビ卒展巡りは正門前テントで配ってる教務課作成の公式「卒展パンフ」が必需品ですが、上記の見どころMAPや、各学科が作ってる学科別パンフやマップもあるととっても便利。

DSC_0821
これは映像学科のパンフ。

DSC_0822
ひろげるとこんな感じ。

DSC_0817
こちらは大学院油絵コースの展示MAP。
2号館gFalでもらいました。

てなことで作品紹介を。
まずはハッシュタグ「 #ムサビ卒展」 でつぶやいてる方を紹介します。
あ、いろいろ問題あるかもしれないので、本人のつぶやきだけとさせてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッシュタグ「#ムサビ卒展」をつけたら明日のブログでまた宣伝しますのでよかったら手羽を使ってください。

 

手羽が直接見たものだと。

DSC_0813
ずっと気になってた2号館下の作品がようやく完成しました(笑)

DSC_0812

彫刻学科の学生さんで、パンフで作品名確認したらおもいっきり「住所」(パンフを見ると意味がわかります)
この作品、手羽ちゃん卒展大賞候補のひとつ。

1号館下には

DSC_0814
建築学科の作品があり、スマホでサイトにアクセスし、音を聞きながら作品の中に入るコンセプトのよう。

いろんな人から「あの作品見ました?」と聞かれるのは、
DSC_0823
9号館1階に展示されてる視デ・中林若菜さんの「そんな意見をみとめないがだれの許しも乞うていないそれは存在するということ」です。

DSC_0824
このメダカが何を意味するのか、ぜひご自分の目で確認してください。
衝撃です。
新島ゼミも今年は気になる作品が多いですね。

 

Category :

Comments ( )