< BACK TO D-LOUNGE

美大ラウンジ(裏)

美大、デザインラウンジの「裏」の話を、手羽イチロウとその仲間がお伝えするブログです。

2013年12月22日

インターンシップ演習2013を終えて3 -「21世紀型スキル」から「美大型スキル」へ-

今日は子どもたちとルパコナな手羽です。

 

インターンシップ演習を振り返ってます。
前回までの話。
インターンシップ演習2013を終えて1
インターンシップ演習2013を終えて2 -括れる言葉って便利-

手羽の講義は、「みんな、そういうことやってていいの?」と問いながらもムサビ生・美大生の「生きるモチベーション」をあげるための内容に作っています。
その部分は毎年同じなんだけど、説明方法を毎年変えてて。
今年は「21世紀型スキル」の話をしました。

これからの時代に必要な力として「学士力」「社会人基礎力」などがありますが、最近注目されているのが21世紀型スキルと言われてます。
ATC21s」(The Assessment and Teaching of 21st-Century Skills)が提唱してるスキルで、それはどういうものかというと、

批判的思考力問題解決能力
・コミュニケーションとコラボレーション能力
自立的に学習する力
・ ICTを確実に扱うことの出来る能力・スキル
グローバルな認識と社会市民としての意識
・ 金融・経済に対する教養
・ 言語、数学、科学、言語、歴史、芸術といった分野への理解
創造性
・ 社会的&クロスカルチャルスキル(多様性・異文化理解)
企業の求める人材像は「社会人基礎力」から「21世紀型スキル」へ“から引用

なんですね。
ここで何かに気が付きません?

これって、ほとんど美大の学びじゃね?
てか、ムサビのことじゃね?

と思うわけです。
さらに美大では早い段階で才能がある人とない人の違いを気づかされるし、「ものづくり」の勉強もしてるわけで、 これからの時代、本当に必要な学びやスキルって美大がやってることじゃないかと。
21世紀型スキルなんて古い!

これからは美大型スキルだ!!(ドヤッ)

 

 

・・・ま、オチを書いてしまうと、実は昔から文科省も同じようなことを言ってたし、本気でそんなことは思ってません(笑)
半分思ってるけど。

大事なのはポジティブに考えることであり、ネガティブをポジティブに変換する能力。

それを伝えたくて。
誰でも悪いところには目がいきやすい。
少しでも悪い部分を見つけたら、そこをみんなして「自殺しちゃうんじゃないか?」ってくらいトコトン追究する世の中になっちゃってるけど、それが本当にいい世の中なのかなあ、と感じることが最近は多く。
それをいい方向に変換させたり、いい部分を見つけることに時間を使ったりする方が前に進むんじゃなかろうか。
何が悪いのかを考える、見つける力、複数の視点が必要なわけで。
そのために教養があるわけで。
また、目的を変えることは負け犬のように言われるけど、決してそうじゃない。
よくキャリア教育で「5年後、10年後のことをイメージしよう!」てな無責任な言葉が使われてるけど、その人に「じゃ、あなたは今の仕事に就く5年前に今の職種をイメージしてましたか?考えてなかった?ということはあなたも負け犬ですか?」と聞いてみてください。
多分「ギャフン」というはず。
そもそも3年前に大震災以後の世の中を想像してた人なんていないわけで、目標を持つことは悪いことじゃないけど、目標を変更すること自体は悪いことじゃない。

スタンフォード大学のクランボルツ教授らが、数百人に及ぶ成功したビジネスパーソンのキャリアを分析したところ、そのうちの8割が「いまある自分のキャリアは予期せぬ偶然に因るものだ」と答えたそうです。
「プランド・ハップンスタンス理論」といいまして、詳細はこちらをご覧ください↓
Educate.co.jp | プランド・ハップンスタンス理論
成功者とそうじゃない人との違いは、
・変化をキャッチできるようにアンテナを張り続けてる力
・計画された偶発性・意図された偶然に変換できる力
を持ってるかどうかで、この考え方も「美術」と非常に相性がいい。

生きるためには、否定力や妬み力よりも「肯定力」や「ポジティブ変換能力」、「柔軟な目標設定能力」が重要な要素で、これこそ美大的発想でありムサビ的発想だよ!

という話をしたいがために、いつも講義では前置きにかなりの時間を費やしてます(笑)

 

本は読んでませんが、今話題になってる為末さんも

4833420481 諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉
為末 大
プレジデント社 2013-05-30

by G-Tools

同じようなことを言いたいんじゃないかと推測。
 

次は学生さんからのコメントを紹介します。
年末はブログを休みたいんで、ぼちぼち今年のまとめに入らないと・・・。

Category :

Comments ( )