lounge

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ 東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウンタワー5階 〒107-6205 Musashino Art University Design Lounge 5F Midtown Tower 9-7-1 Akasaka Minato-ku, Tokyo 107-6205 Japan telephone : +81-3-3470-7221 / facsimile : +81-3-3470-7225

Copyright ©
Musashino Art University
All rights reserved.

EVENT

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジで行われる
さまざまなイベントをご紹介します。
参加のお申し込みは詳細ページから可能です。

< March 2019

【event】油絵学科特別講義「Adan Vallecillo “Poetica del Material”ー素材の詩法ー」(イベント終了)

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジにて、ホンジュラス共和国・武蔵野美術大学 交流イベントを開催します。
ホンジュラス共和国よりアダン・バジェシージョ氏が来日、特別講義を行います。

アダン氏はアートフェア東京2019で開催されるWorld Art Tokyo展に参加する目的で来日されますが、この機会にホンジュラス共和国大使館のパルマ大使のご協力を得て、アダン氏と本学の交流が特別講義として実現しました。

アダン氏の作品は、数年にわたる現地調査の成果と現地の映像を組み合わせた多層構造のアプローチにより、作品内の素材・行為・客体の意味の強化とその再定義を試みていると説明されています。作品の写真を見るとそこには多様な次元があり、いわくありげな素材と美しい色と形が鑑賞者の興味をそそります。造形的に洗練されたアダン氏の作品ですが、そこには数年にわたる現地調査の内容が含まれ構成されています。このことは作品の読み取りとして多くの余地を残していることを想像させます。今回はそのお話を中心に、中南米の美術の状況を伺いたいと思います。

アダン氏は1977 年ホンジュラスのダンリに生まれ、ホンジュラス国立自治大学で社会学を学び、プエルトリコに留学の経験があります。これまでにアメリカ、ペルー、コスタリカ、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、スペインでの展覧会に参加。多くのパブリックコレクションがあります。現在はデグシガルパを拠点に活動されています。

 

日 時: 
2019年3月5日(火) 16:00〜18:00(予定)

場 所:
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階(デザインハブ内)

使用言語:
日本語、スペイン語 *逐次通訳あり

 

登壇者:

adanbust

Adán Vallecillo/ アダン・バジェシージョ

プロフィール

1977年、ホンジュラス生まれ。ホンジュラス及びプエルトリコにて美術と社会学を学ぶ。現在ホンジュラスの首都
テグシガルパ在住、制作をしている。
作品制作は現地調査を基盤にしており、その土地特有の目線と社会的な特徴を組み合わせる手法を用いる。

Born 1977 in Honduras, studied Fine Arts and Sociology in Honduras and Puerto Rico. He works and lives in Tegucigalpa, Honduras.
The methodology of his art practice is strongly based on research on-site and combining local visual and social aspects.

略歴 (英語及びスペイン語)

Individual Exhibitions
2019 Solo Show. Diablo Rosso gallery, Panama City (Panama)
2018 Sobrenatural. Extra gallery, Guatemala City (Guatemala), Materia Remota, MIN, Tegucigalpa (Honduras)
2016 32 con 8, El Lobi, San Juan (Puerto Rico)

Group Exhibitions
2019 Al Dictado. Arte y Conflicto en Centroamerica. CCET, Tegucigalpa (Honduras),Portadores de Sentido, Museo Amparo, Puebla, (México)
World Art Tokyo, Tokyo International Forum, Japan
2018 Exposición Anual. Flora Ars+ Natura, Bogotá (Colombia),Estados Migratorios.CCEL, Lima (Perú) Al Dictado. Arte y Conflicto en Centroamerica. MAMM, Medellín (Colombia)
2017 8,000 Años Después, Liberia, Bogotá Colombia, First Day of Good Weather, Sies + Höke Galerie, Düsseldorf

Awards & Residencies
LARA (Latin American Roaming Art) Panama City (Panama), 2017,
La Práctica, Beta Local, San Juan (Puerto Rico), 2015
Illy SustainArt Award, Fundación Bevilacqua la Masa Venezia, (Italy), 2013
Demolición Construcción, Córdova, (Argentina), 2011

Art Collections
Daros Collection (Zurich), CIFO Foundation (Miami), Sayago y Pardón (California), Teorética, (San José),
Colección Patricia Phelps de Cisneros (New York), Museo de Arte Latinoamericano MoLaa (California),
Museo de Arte y Diseño Contemporáneo (San José), Saxo Bank (Denmark), LARA (Singapur)

 

【archive】

油絵学科特別講義「Adan Vallecillo “Poetica del Material”ー素材の詩法ー」を開催しました。
まず赤塚祐二教授(武蔵野美術大学油絵学科)より今回の交流イベント開催の経緯の説明、アーティストのアダン氏、ホンジュラス共和国大使館のパルマ大使のご紹介がありました。 続いて、パルマ大使から開会のご挨拶としてアダン氏のご紹介、ホンジュラス共和国と日本との交流の現状について、ご説明頂きました。
その次に、アダン氏より自身の作品紹介と制作の解説など講演頂き、質疑応答に対応頂きました。
アダン氏の作品の根幹となる地域の社会的な問題の提起、また表現に至るためのリサーチメソッドとアプローチが主なる議題となりました。
講義終了後は、参加者全員でホンジュラス産のコーヒーとお菓子を楽しみながら交流会が行われました。

 

アーカイブ1

アーカイブ2

アーカイブ3

アーカイブ4

アーカイブ5

アーカイブ6

アーカイブ7

アーカイブ8

アーカイブ9

アーカイブ10

アーカイブ11

このイベントに興味を持ったあなたは…

模索エンジンの分析によると、音楽・リズム知能に惹かれる傾向が強く、
今後、下記のような模索(もさく)をする傾向があります。

キーワードを入力される

 

動物園で猿を見ていたらふとイベントに興味を持ち、
ワークショップというワードで模索するかも。

模索

キーワードを入力される

 

ラーメンを食べた後なぜかアートプロジェクトに興味を持ち、
ワークショップというワードで模索するかも。

模索

キーワードを入力される

 

友達のタイムラインを見てインスタレーションに興味を持ち、
展示というワードで模索するかも。

模索

Categorised as: EVENT, Lecture

Posted: