lounge

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ 東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウンタワー5階 〒107-6205 Musashino Art University Design Lounge 5F Midtown Tower 9-7-1 Akasaka Minato-ku, Tokyo 107-6205 Japan telephone : +81-3-3470-7221 / facsimile : +81-3-3470-7225

Copyright ©
Musashino Art University
All rights reserved.

EVENT

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジで行われる
さまざまなイベントをご紹介します。
参加のお申し込みは詳細ページから可能です。

< October 2018

【lecture】東京ミッドタウン・デザイン部「DESIGN TOUCH CONFERENCE ー みらいのアイデアを学ぶ」Session_#05「みらいのアイデア|クリエイティブ教育のイノベーション」

Session_#05「みらいのアイデア|クリエイティブ教育とイノベーション」
東京ミッドタウンの秋のデザインイベントDESIGN TOUCHにて開催される「DESIGN TOUCH CONFERENCE ー みらいのアイデアを学ぶ」にて、トークセッション「みらいのアイデア|クリエイティブ教育とイノベーション」を開催します。
クリエイティブ業界の動向やインハウスデザインの変化に触れながら、将来のデザインのかたちをバックキャスティングし、これからの社会に必要な人材とクリエイティブ教育を、企業と美術大学の視点で語ります。

日 時:
2018年10月27日(土)

時間:
13:30-15:30

会 場:
東京ミッドタウン・デザインハブ インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
(〒107-6205 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

定 員:
50名

参加費:
無料

申込み方法:
ページ下部のボタンよりお申込み下さい。(Peatixページへ移動します)

スピーカー:
丸山 幸伸|(株)日立製作所
萩原 幸也|(株)リクルートコミュニケーションズ
長澤 忠徳|武蔵野美術大学 学長

モデレータ:
下川一哉|株式会社 意と匠研究所 代表、元・日経デザイン編集長

 

登壇者プロフィール:

cover-BOx7LBUt9kZ0YUwW8yC6hP6EvGhOqN3U
丸山 幸伸
日立アプライアンス株式会社 事業戦略統括本部 Senior Manager(事業戦略担当)
株式会社日立製作所 デザイン研究所(当時)に入社後、2002年に情報機器のプロダクトデザインを担当の後、インタラクションに関する学際的コラボレーションを行う「日立ヒューマンインタラクションラボ」を創設し、オープンイノベーションによる先行開発を推進。その後、サービスデザイン領域を立ち上げ、エネルギー、水、交通、ヘルスケアなどに関わるインフラサービスのデザインプロジェクトを指揮。2014年4月から、2年間、英国ロンドンにてサービスデザイン部門を立ち上げた後、2016年に帰国しロボットのサービスデザインを中心に事業創生の活動の取り纏めとして活動。現在は日立アプライアンス株式会社にて、コーポレート事業戦略を担当。

 

cover-RNlvncuH0k03CfYN5RCdAge0C2XLvBe2
萩原 幸也
2006年武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業後に(株)リクルート入社。 その後(株)リクルートコミュニケーションズにて、リクルートグループのコーポレート、サービスのブランディング、プロモーションを担当。武蔵野美術大学大学校友会 常任幹事。趣味が園芸。

 

shimokawa

下川一哉
株式会社 意と匠研究所 代表、元・日経デザイン編集長
デザインプロデューサー、エディター。
1988年 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。同年、日経マグロウヒル(現・日経BP社)入社。日経イベント編集、日経ストアデザイン編集などを経て、1994年に日経デザイン編集に配属。1999年より副編集長。2008年より編集長。2014年3月31日に日経BP社を退社、4月に意と匠研究所を設立。2014年~2016年 佐賀県有田焼創業400年事業デザインディレクター、ARITA VALUE CREATION LAB(有田焼価値創造研究処)座長。2016年からLEXUS NEW TAKUMI PROJECTサポートメンバー。2018年からピースクラフツSAGAクリエーティブディレクター。

 

スクリーンショット 2018-10-11 11.45.31のコピー

長澤 忠徳

富山県出身。1978年武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業後、1981年Royal College of Art, London 修士課程修了 MA(RCA)取得。1986年有限会社長澤忠徳事務所設立、代表取締役就任。1999年武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科教授に就任。2015年、同学長に就任、現在に至る。2016年Royal College of Art(英国)より、美術・デザイン教育の国際化を先駆的に推進した功績が認められ、日本人初のシニアフェローの称号を授与。

 

東京ミッドタウン・デザイン部では、DESIGN TOUCHと合同で「DESIGN TOUCH CONFERENCE ー みらいのアイデアを学ぶ」を開催します。10/26-29の4日間、11のトークセッションを実施。様々な領域の「みらい」を体現する先駆者たちの思考に触れる4日間です。
http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/

 

このイベントに興味を持ったあなたは…

模索エンジンの分析によると、対人的知能に惹かれる傾向が強く、
今後、下記のような模索(もさく)をする傾向があります。

キーワードを入力される

 

友達のツイートを見てサービスデザインに興味を持ち、
サービスデザインというワードで模索するかも。

模索

キーワードを入力される

 

タクシーに乗った瞬間ふとコミュニティデザインに興味を持ち、
産学共同プロジェクトというワードで模索するかも。

模索

キーワードを入力される

 

コンビニに入った瞬間なぜか展示に興味を持ち、
資生堂というワードで模索するかも。

模索

Categorised as: EVENT, Study

Posted: