lounge

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ 東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウンタワー5階 〒107-6205 Musashino Art University Design Lounge 5F Midtown Tower 9-7-1 Akasaka Minato-ku, Tokyo 107-6205 Japan telephone : +81-3-3470-7221 / facsimile : +81-3-3470-7225

Copyright ©
Musashino Art University
All rights reserved.

EVENT

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジで行われる
さまざまなイベントをご紹介します。
参加のお申し込みは詳細ページから可能です。

< July 2015

【study】「近現代建築資料のデジタル・アーカイブ化」2015年度第1回研究会(イベント終了)

武蔵野美術大学 造形研究センター 第1研究プロジェクト
「近現代建築資料のデジタル・アーカイブ化」2015年度第1回研究会

テーマ:
「近代建築家芦原義信〜日本と米国のモダニズム」(仮)

講 師:
松永 安光氏(近代建築研究所主宰/一般社団法人HEAD研究会理事長)

日 時:
2015年7月30日(木)18:30〜20:00(予定)

会 場:
武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ(東京都港区赤坂9丁目7−1 ミッドタウンタワー5階)

主 催:
武蔵野美術大学 造形研究センター

内 容:
松永氏は1965年に芦原建築設計研究所に入所し79年まで14年間在籍、武蔵野美術大学キャンパスをはじめ芦原事務所の代表的な作品に携わりました。1971年にハーバード大学大学院に進み、73年に修了後、ボストンの設計事務所TACの一員として活躍されました。1980年にSKM設計計画事務所を共同で立ち上げ、92年に近代建築研究所として分離独立し、数々の建築設計や都市計画などを手がけました。1997年から2007年まで鹿児島大学教授をつとめ後進の指導にもあたられました。

戦後モダニズムのなかでの芦原作品の位置づけをお話しいただき、また芦原義信氏と同じ東大〜ハーバード大学院の経歴を持つ立場から、戦後日本にけるアメリカのモダニズムの影響についても語っていただきます。

※こちらは一般受付はしておりません。

【Archive】

DSC02026

DSC02032

DSC02035

DSC02040

DSC02043

このイベントに興味を持ったあなたは…

模索エンジンの分析によると、視覚・空間的知能に惹かれる傾向が強く、
今後、下記のような模索(もさく)をする傾向があります。

キーワードを入力される

 

山で鹿と目が合った瞬間ふとコミュニティデザインに興味を持ち、
メディアアートというワードで模索するかも。

模索

キーワードを入力される

 

最近読んだ小説の影響で情報に興味を持ち、
メディアアートというワードで模索するかも。

模索

キーワードを入力される

 

コンビニに入った瞬間なぜか編集に興味を持ち、
ワークショップというワードで模索するかも。

模索

Categorised as: EVENT, Study

Posted: